• ホーム  > 
  • 記念募金のご案内  > 
  • 募金の趣旨

募金の趣旨

帝塚山学院は、創設時より「力の教育」を標榜し、「意志の力」、「情の力」、「知の力」、「躯幹の力」をもつ「力の人」の育成に邁進して参りました。帝塚山学院第二世紀を前にして、この伝統をもとに、新しい学院の使命を関係者全員で考え、その使命が達成できるような、幼稚園から大学までの新しい教育体系の構築を目指したいと考えております。

本学院は、1917年(大正6年)4月の小学校開校以来、5万人を超す有為の人材を世に送り出し、いまや、幼稚園から大学院までの8校とひとつの研究所、そして5千人余の園児・児童・生徒・学生を擁する関西屈指の総合学園となり、広く内外から高い評価を得ているところであります。創立100周年を前にして、本学院は21世紀にふさわしい新しい教育体系を構築するべく、すでにさまざまな活動を開始しております。

2009年4月、帝塚山学院大学は西日本初のリベラルアーツアンドサイエンス大学に生まれ変わりました。すなわち、従来の文学部を母体として、学生諸君が総合的教養力を身につけられるよう、人文系の分野を中心に、自由に、幅広く学べるリベラルアーツ学部を設置しました。また、従来の人間文化学部の文化学科と人間学科をそれぞれ情報メディア学科と心理学科に改組転換した上で、既存の食物栄養学科を加えた3学科で人間科学部に名称を変更し、主としてサイエンスの領域を担当する学部といたしました。また、さらに教育開発・支援センターを新設して、両学部間の協働を促進するとともに、新しい教育方法を開発し、あわせて地域支援を行うためのさまざまな施策をすでに展開いたしております。

高等学校以下の各学校におきましても、幼稚園から高校までの15年一貫教育を、各校の特色を活かしながら展開するべく、目下さまざまな検討が加えられております。本学院の創設者が唱えられた自学主義こそグローバル化した現代社会において最も必要とされているものであるという認識のもとに、他校にはない新しい教育体系を構築するべく、全学院あげての検討に着手しているところであります。

本学院の生徒・学生の知性と個性を存分に伸ばし、グローバル化社会において真に「力」のある人材の育成を目指して教育環境の充実を図りたいと考えておりますので、何卒皆様方のご理解と、ご支援を衷心よりお願い申し上げる次第であります。

2013年10月学校法人帝塚山学院理事長 石川啓

ページTOPへ